Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
050-6867-5017
LINEで留学相談
お問い合わせ資料請求
留学申し込み
ホーム > ブログ > ドバイの伝統料理?謎が多い?解明しましょう!
2020年02月06日

ドバイの伝統料理?謎が多い?解明しましょう!

皆さんこんにちは!

本日もみんな大好きドバイです!(笑)

もう大半の方は好きですよね?(笑)

見てない方はまずこちらを!!

本日から違うシリーズの開幕です!!(パチパチ)

ではいってみましょう!

 

1.伝統料理

やはり現地に行ったら伝統料理を食べたいですよね?

けれども国によっては『口に合わない』こともしばしばあると思います!!

ではそもそも「UAE料理」とは?

ドバイ 伝統料理

皆さん見た瞬間に思ったでしょ?

あっ茶色食べ物だー

茶色食べ物好きな私にはたまりませんね!!(笑)

UAE料理のほとんどが茶色系統で統一されているのである。日本で考えると唐揚げ、とんかつ、揚げ物だらけの弁当を学生時代に持って行くと考えて欲しい。むちゃくちゃ恥ずかしいですね。(笑)

しかしUAE料理にはそんな恥じらいなど一切ない。。むしろ茶色一色こそが我々のオリジナリティと言われてる気がします。

ドバイ ラカイマット

こちらの料理はラカイマットといっておやつにちょうどいい。デーツシロップがかかった揚げドーナッツで、ミスドのドーナッツポップに似てます。一口サイズなので、私は止まらなかったです。。

何よりもカロリーがヤバそうですね!!(笑)

ドバイ ビリヤニ料理

昼や夜は、焼き飯に焼いた羊肉や揚げた魚をまるごとのせたビリヤニ料理が一般的だ。その豪快な味といい、量といい、かつての砂漠での暮らしを思い起こさせる。

個人的には美味しいと思うのだが、旨味を感じる繊細な舌の持ち主が多い日本人にとっては、いささか大雑把な味で構成されているのがUAE料理なんじゃないかと思う。極端に言えば、日本料理は出汁やタレ等があるので様々な味を楽しめるが、UAE料理には片手で数えれるほどだ。味が単調なのだ。それに、野菜がほとんどなく米や肉が中心なので、かなりパンチのきいた味。

他にもひよこ豆やヤギのミルクをペーストしたものをパンや野菜につけて食べたり、羊肉料理、焼き鳥のようなケバブなどなどが基本的なもの。日本人にはあまり馴染みのない料理ばかりなのでトライするのもありだと思います。

 

2.本場のUAEでUAE料理が少ない?

UAE料理だけを見れば、味が悪いというわけではない。ただ高級なレストランでなければいけない理由もない。

なにせドバイには世界中の食が集まっている。アラブ料理の一番人気はレバノン料理だし、インドやパキスタン系が人口の半数近くを占めるため、インド料理も人気だ。

UAE料理を提供しているレストランは伝統を体験するレストランだと思う。単純に味だけを考えれば、価格帯は少々お高め。競争が激しいドバイでは淘汰されてもおかしくはない。

おそらくその金額は、味ではなく「UAE料理」というブランドに対する料金なのではないかと思う。料理の素人から見ても、食材費があれだけかかるとは到底思えない。店側としても、UAEの伝統的な雰囲気が味わえるお店、というのがコンセプトである。

そんな世界の食があふれるドバイにおいて、よく言えば「素朴な味」のUAE料理は決して人々の関心を惹きつけるほど魅力がある料理ではない。人々がそれを口にする時。それは単純に「UAE料理を食べてみたい」という時だけであって、お腹を充したい、美味しいモノを食べたいという動機の結果、選ばれたものではないということだ。

その結果UAE料理は少なくなったと思われる。

また別でどんな世界の食べ物が食べれるかは紹介します。

 

3.UAE料理は他の国でも食べれる?

皆さん大好きな雑学の時間ですよ!!

実は「UAE料理」はUAEだけで食べられるものではなく、バーレーンなどの別の場所でも食べられる。

同じ料理でもバーレーンでは、「バーレーン料理」と呼ばれる。価格もドバイに比べて3分の1以下!!

だからこそ、余計にドバイのレストランで食べる時にはUAE料理というブランド名にお金を払っているのだなと思う!

うーん難しいですね(笑)

他国に支配された歴史をもたない日本人からすると伝統料理が被るというのは理解できないですね。。

 

本日はここまで!!

またお会いしましょう!!

 

 

 

 


 

ドバイ留学情報はこちらにもまとめています。

ご参考までにご覧ください。

 

【ドバイ留学  UAE留学】
ドバイ留学・UAE留学のご紹介

世界有数のリゾート都市であり、国際都市でもあるドバイ留学は人気急上昇中の留学地となります。

日本人の留学生の少ない穴場的な存在となりますので、ぜひご検討ください。

 


 

;