Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
050-6867-5017
LINEで留学相談
お問い合わせ資料請求
留学申し込み
ホーム > ブログ > オーストラリアに行ってみよう【ビザ情報】
2018年10月30日

オーストラリアに行ってみよう【ビザ情報】

留学人気都市、オーストラリア。日本との時差は近いものの、季節が正反対で日本人には遠い国のように感じますが、日本人のワーホリ先で多くの人がオーストラリアへ渡航しています。

オーストラリアは思ってるよりも簡単に行けるんです!今回は学生ビザやワーホリビザ、その他オーストラリアの渡航情報をちょっと解説します。

オーストラリアのビザ・留学の背景

パスポート ビザ

オーストラリアの学生ビザ

オーストラリアは3ヶ月以上留学する場合に学生ビザが必要になります。ビザの取得には政府認定のCRICOS登録校からの入学許可証(eCoE)が必要で、必要書類とともに申請を行う。また、オーストラリアは留学目的別に必要なビザの種類も異なるので、確認が必要だ。

オーストラリアの学生ビザ申請は、原則インターネットで申請ができる。(eVisa申請)申請にあたって、健康診断に関する手続きもネット上でできる。

詳細はオーストラリア大使館国籍登録課まで

 

オーストラリアのワーキングホリデービザ

オーストラリアと日本は1980年にワーホリ協定を結び、今日までに多くの学生が渡航している。ワーホリビザは現在、30歳までの人が申請できる。申請時に30歳であれば、渡航時に30歳を過ぎていても問題ない。

日本では年間1万人以上にワーホリビザが発給されるため、実質制限なしと考えて良い。

ワーホリビザで英語学校に通える期間は、最長4カ月である。

オーストラリア留学の背景

オーストラリア シドニー

オーストラリアの進学留学は意外と少なく、日本人留学生の大学・大学院進学率は留学生全体の19%である。

オーストラリアでは、語学留学(英語留学)の割合が多く、また、親子留学やシニア留学などのプログラムも盛んである。

オーストラリアでは、留学生への教育の質を保証するESOS Actという国家法が制定されているため、留学生にとっては安心できる要因である。

オーストラリアは他の留学主要国よりも低めの費用で留学ができ、治安も悪くないので現在でも多くの日本人が留学で渡航している。

 

オーストラリア留学のお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

 

 

;