Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
050-6867-5017
LINEで留学相談
お問い合わせ資料請求
留学申し込み
ホーム > ブログ > コロナ怖い。原因って何?コウモリって本当?パート2
2020年04月02日

コロナ怖い。原因って何?コウモリって本当?パート2

皆さんこんにちは!!

前回に引き続きコロナの原因について触れていきます!!

前回読んでない方はこちらへ!

前回で中国の陰謀論は否定されましたね。

ではコウモリなのでしょうか?

それでは行ってみましょう!!!

1.コウモリ犯人説?

コロナ

実はこちら否定的な意見が多いんです。

では何故こういった誤った情報が流れたのでしょうか?
答えは報道が煽ったからです。

メディアは当初、新型コロナウイルスと市場や動物の間につながりがあると示唆する報道を行っていたが

それを裏付ける情報は出ていない。

それでも科学者たちは、その線を調べ続けている。

コウモリは複数のコロナウイルスの自然宿主(ウイルスが最初に寄生した動物)と考えられているため、注目されている。

過去の調査では、SARSコロナウイルスやMERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスをはじめ

感染症を引き起こしやすい複数のコロナウイルスが、コウモリの保有するウイルスと遺伝的に似ていたことが分かっている。

このように、コウモリが貯め込んだ多様なウイルスが、時として(多くの場合は別の動物を介して)人に飛び移る可能性があるのだ。

たとえばSARSコロナウイルスを保有している宿主を調べた複数の調査では

中国に生息するキクガシラコウモリがそれに最も近いウイルスを保有していたという結果が示された。

それがジャコウネコを介してヒトに感染したとされている。

そして1月には新たに、雲南省でキクガシラコウモリから採取されたウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子配列が96%の高確率で一致したというデータが公表された。

これとは別の報告書も、新型コロナウイルスとSARS関連のコウモリコロナウイルスには89%の類似性があると指摘した。

 

2.突然変異で問題は複雑に。。

コロナ

こうした「類似性」だけでは、現在の感染拡大を引き起こしているウイルスの発生源を特定するには不十分だ。

重要な問題は、新型コロナウイルスとコウモリコロナウイルスが「かなり似ている」ように見えるのが事実でも、突然変異率を考慮に入れると話は複雑になる。

ウイルスを媒介する中間宿主がその突然変異に関与している可能性も高い。

実際、コウモリに寄生する多くのウイルスは、まず別の動物に寄生して威力を増した後にヒトに飛び移り、感染を拡大させることが分かっている。

たとえば02年と03年に流行したSARSコロナウイルスの場合は、ジャコウネコがウイルスを媒介したと特定された。今回のウイルスでは、センザンコウが中間宿主ではないかと指摘する声があがっている。

ウイルスが動物からヒトにジャンプするのを阻止できれば、何十億ドルもの医療費が節減でき、多くの人の命を救える可能性がある。

今後も野生生物の間では、さまざまなウイルスが飛び交い続けるだろう。

将来の感染拡大を防ぎ、健全な世界経済を維持していくためには、ウイルスの多様性やそれを保有する種、それらの種がどこに生息しているのかを知り、人間のどのような行動が感染リスクを増大させる可能性があるのかを知っておくことが不可欠だ。

 

 

まとめ

ウイルスや場所が違えば、介入の方法も違うものになる。

だが今起きている感染拡大をきちんと把握するために、そして将来起きる可能性のある感染拡大の際の苦労を軽くするためには、ウイルス学や疫学、人類学の面での基本的なデータが是非とも必要だ。

 

本日はここまで!

またお会いしましょう!!


無料オンライン英会話
限定100名様・10コマプレゼント
コロナ特別応援キャンペーン

セブ島語学学校
Cebu Business English Academy [CBEA]から
コロナに負けない明るいニュースを
ご提供させて頂きます!
.
⬇️公式LINE追加はコチラ⬇️
https://lin.ee/ikKqclP
.
『お名前』と『無料キャンペーン情報を見た』と
公式LINEまでご連絡を頂ければ
先着100名様限定で
オンライン英会話10回分を無料でプレゼント致します!

フィリピン留学

 

 

;