Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
Line
お問い合わせ・資料請求
留学申し込み
050-6867-5017
LINEで留学相談
お問い合わせ資料請求
留学申し込み
ホーム > ブログ > 地名?町?いえいえ首長国です!パート3
2020年02月04日

地名?町?いえいえ首長国です!パート3

皆さんこんにちは!

今日もまたドバイです!(笑)

もう3回連続なのでツッコミもやめます(笑)

それでは今回はフジャイラ首長国について見ていきましょう!!!

1.フジャイラ首長国

フジャイラ首長国は、UAEではアラビア湾に海岸線を持たない唯一の首長国です。フジャイラの町は、インド洋・オマーン湾に面する港町で、連邦の主要港の一つとしての役割を担っています。

フジャイラには、シャルジャ、オマーンの飛び地を挟んで、北部にも領土がありますが、この地は、山岳地帯を擁して地下水が豊富で、肥沃な土地を利用して農業が盛んです。

連邦政府やアブダビ首長国からの援助を受けて、セメントやセラミックの工場も建設され、天然資源を利用した産業も営まれています。

フジャイラの人々は、地理的にも他の地域から孤立しているせいもあってか、独立心や自由を尊ぶ気持ちが強いと言われています。フジャイラの町の古い城砦には、イギリス軍に抵抗して受けた砲撃の跡が残されていますが、この弾痕も、フジャイラの人達の気概の名残りとも言えそうです。

フジャイラは、もともとシャルジャの一部でしたが、1952年、独立が認められ、UAEを構成する7首長国の一つとして、今日に至っています。

最近では、アブダビの陸上油田地域からの原油輸送パイプラインも完成し、エネルギー流通のハブとして製油所や原油・製品タンクなど、エネルギー関連の諸プロジェクトの建設が進められています。

また海浜のリゾートホテルも建設され、UAEのマリンリゾート地としても脚光を浴びつつあります。

人口

25万人(2018 Fujairah Statistics Centre

面積

1,580km2

ドバイ フジャイラ

場所はここです!

2.どんな所なの?

ドバイ首長国のドバイ空港やデイラ地区から車で約2時間30分ほどの距離にあります。

大都会ドバイとは異なり、自然に恵まれたフジャイラは、ドバイに暮らす富裕層にとって、気軽に足を延ばせるリゾート地。首都フライジャ市にはプライベートビーチを擁するラグジュアリーなホテルが立ち、家族連れでにぎわう。

だが、今最も話題となっているのは、石油ターミナル基地としての存在だ。アラブ首長国連邦きっての石油産出国、アブダビでとれた石油を世界に輸出しているのは、オマーン湾に面したフジャイラなのだ。2014年には、アブダビの油田からフジャイラ港まで、約370キロのパイプラインも建設。今後の発展が注目されている。

3.観光名所

(1)スヌーピー島

ドバイ フジャイラ

うーんなんとも言えないですね!(笑)

まあ似てるでしょう!(笑)

UAEを構成する首長国のひとつであるフジャイラは、オマーン湾に面しており、美しいビーチが観光客に人気です。なかでもサンディビーチはおすすめのスポット。

透明度がとても高く、シュノーケリングなどのマリンアクティビティもたっぷり堪能できます。そしてビーチの沖には、ユニークな島があることでも有名。それがスヌーピー島です。

島の形がスヌーピーに似ているところから、この名称が付けられました。島の周辺にはカラフルな魚が泳いでおり、シュノーケリングスポットとしても人気です。またカヤックで行くこともできるので、泳ぎが苦手な人でも楽しめます。

(2)アルビディヤ・モスク

ドバイ フジャイラ

グランドシェイクザイードモスクとは違って質素。。

豪華なモスクについてはまた紹介したいと思います。

フジャイラはオマーン湾でのビーチリゾートが有名ですが、観光スポットはそれだけではありません。中東の国ならではのモスクも見どころのひとつ。

特にアルビディヤ・モスクは、UAEに現存するモスクのなかで、最も古いことで知られています。海岸沿いを通る道路のそばにあり、フジャイラの市街地からは車でアクセスすれば、それほど遠い距離ではありません。

アルビディヤ・モスクは、観光名所となっているような絢爛豪華なモスクとは異なり、規模は控えめで、外観もとても質素。しかし長い歴史を感じさせる趣があり、そほかのモスクとは、また違った魅力があります。

4.自動販売機で金が買える?

みんな大好き雑学の時間です!

今日も合コンで使えるネタをお送りします!(パチパチ)

ドバイ 留学

本日はこれ!!

ただの自販機ではないんです!!

なんと純金自販機!!!

金」を販売している「GOLD to go」という自販機です。

自販機のある場所は、ドバイのモール、Mall of the Emirates(モール・オブ・ザ・エミレーツ)の中にあるSki Dubai(スキー・ドバイ)という、屋内スキー場の入り口の近くです。

購入する際は、クレジットカードでも支払いができますが、自販機の隣にATMもあり、現金での支払いも可能です。

ドバイを含め、アラブ首長国連邦は世界中からたくさんの人々が集まり、交流が盛んにおこなわれ、同時に、ビジネスのアイデアもたくさん生み出されており、「変わり種の自販機」もアイデアの一つです。

本日はここまで!!

また見にきて下さいね!!!

 


 

ドバイ留学情報はこちらにもまとめています。

ご参考までにご覧ください。

 

【ドバイ留学  UAE留学】
ドバイ留学・UAE留学のご紹介

世界有数のリゾート都市であり、国際都市でもあるドバイ留学は人気急上昇中の留学地となります。

日本人の留学生の少ない穴場的な存在となりますので、ぜひご検討ください。

 


 

 

;